長茎手術 副作用

長茎手術を受けたことによって稀に副作用がある

 

短すぎるペニスは女性に見られることで恥ずかしくなりますし、男性に見られても恥ずかしくて比べられることもありますので、ペニスが短い男性は長くする長茎手術を受けたほうが良いでしょう。この長茎手術はクリニックで受けることができるのですが、稀に副作用がでる場合もあるため、クリニックで長茎手術を受けるときには、技術力がある医師のいるクリニックを選ぶ必要があります。

 

技術力のある医師はドコにいるのかって疑問を持たれる方も多いと思いますが、基本的に包茎手術を専門としたクリニックなどには熟練の医師が在籍している事が多いです。横浜市であればABCクリニックや東京ノーストクリニックなどは長茎手術でも評判が高い病院として知られています。

 

そして長茎手術の副作用とは、ペニスが勃起した状態のときに、陰茎が下を向いてしまうという副作用ですが、これは手術で靭帯の一部を切断するため、陰茎を支えることができなくなるからです。また陰茎を引き出した箇所を縫合するのですが、縫合した箇所が勃起によって切れてしまうことで、引き出された陰茎が元に戻ってしまうという副作用も稀にあります。

 

しかし経験豊富なクリニックや信頼できる医師がいるクリニックなら、副作用が出ることはありませんので、色々調べてから受けたほうが良いでしょう。ABCクリニックであればメスを使わないプチ整形からメスを使う長茎手術まで対応が可能です。包茎でお悩みの方で短さも気になるのであれば併せて検討してみると良いでしょう。