包茎手術 ED

包茎手術をしたことでEDが治る場合がある

 

日本人男性の3人に2人は包茎ということで悩んでいる人はたくさんいますが、EDで悩んでいる男性も増えているようです。EDは精神的や肉体的な要因によってペニスが勃起し辛い、もしくは勃起しない状態のことです。EDはペニスの機能が十分に果たせないということで多くの男性のコンプレックスとなっていますが原因は様々です。

 

実は包茎とEDは間接的な関係があることはご存知でしょうか。仮性包茎は性交渉の際それほど障害にはなりませんが、真性包茎やカントン包茎は女性に嫌悪感を与えることもあり、それが男性にとってトラウマになってしまい、性交渉に意欲がなくなってしまうということがあるようです。この例から言うと包茎とEDはまったく関係ないとはいえません。

 

女性の中には心無い言葉を平気で浴びせてくる方もおられます。小さい、臭い、包茎は嫌、病気じゃないの?などなど。これらの言葉は男性にとってはグサグサと心に刺さりますし、その後のセックスライフに大きく悪影響を及ぼすことがあります。これを未然に防ごうとしても多くの場合は無理で、包茎の男性の多くは何かしらトラウマを抱えているケースが多いのも事実です。

 

私の場合はストレス性のEDになっていました。まさにトラウマが原因となって性行為のいざ本番と言うときに勃起せずに成し遂げる事が出来ないのです。この1回の失敗はさらにトラウマを大きくしますので、次もまた失敗へと導きます。そしてまた、このトラウマはデカくなり、どんどんと悪循環にはまっていくのです。

 

そのため包茎手術に踏み切る男性も増えています。包茎手術を受けることによりコンプレックスの解消にもなり、機能面でもメリットが増えます。最近では包茎手術を行っている病院も多くなっているのでまずはネットなどで調べてみましょう。