包茎手術 激痛

包茎手術後は激痛だと聞いているけど痛み止めは処方される?

 

包茎手術は急所である性器の皮をカットする手術をしているわけですから、やはり多少の痛みはつきもの、医師からは痛み止めが処方されますから、あまりに痛みがひどい場合などは上手に薬を使って傷の回復期を快適に乗り越えましょう。

 

仕事で車の運転をする方や、機械のオペレーションがあるという方は、眠くならないタイプの痛み止めの薬を処方してもらうようにしましょう。包茎手術後の痛みには、包皮をカットした傷の痛みのほかにも、真性包茎やカントン包茎の方の場合は亀頭が衣服にこすれる痛みというものがあるようです。

 

真性包茎やカントン包茎の方は、亀頭が包皮に包まれているため、皮膚が刺激などに弱い状態だったわけですから、包茎手術後に新しく丈夫な皮が作られ、常に包皮から露出している状態に慣れるまでは、亀頭が下着にこすれる痛みというものがあるようです。

 

トランクスなど陰茎が中で動いてしまう下着ではなく、ブリーフやボクサー型の下着を履いて、陰茎を上向きに固定して生活を送る事で、多少なりとも痛みはマシになるようです。こすれる痛みも、あまりに痛い場合などは医師からもらった痛み止めを上手に使って、新しい皮膚が作られるまでの期間を乗り切るようにしましょう。