包茎手術 泌尿器科

泌尿器科で受ける包茎手術はどういったものか?

 

包茎で悩んでいる人は多く、特に日本人は7割の男性が包茎ということで今では治療ができる病院が増え、手術法も様々です。20年ほど前は包茎手術を受ける人は珍しかったようですが、今では一般的な手術となっています。包茎手術は日帰りが可能で、体への負担が少ないため、あまり抵抗を感じない人が多いようです。

 

包茎手術は美容外科や泌尿器科で受けることができますが、どちらの場合もまずは事前にしっかりとリサーチすることが重要です。このような治療は専門技術が必要なため、熟練した医師にお願いする必要があります。今はネットで口コミなどを確認することができるので、実際に治療を行った人の意見を参考に病院を決めるのが望ましいと言えます。

 

最近では美容外科で手術を受ける人が多いようですが、泌尿器科でも手術を受けることが可能です。泌尿器科での手術は保険が適用されれば若干安くなるという意見もあるようですが、病院によって治療法や料金は異なるのでまずは事前に確認してみましょう。泌尿器科では病気治療が主目的であるため、術後の美観にまでは配慮されないなど、どちらにもメリットデメリットがあります。

 

包茎手術で看護婦に見られるのが恥ずかしい

 

日本人男性の多くが抱える悩みが包茎のことですが、最近では包茎手術を受ける人も多くそれほど珍しい治療ではありません。包茎だと見栄えも悪いし、皮がかぶった部分が不衛生になるなどのデメリットがあります。こういったコンプレックスをすべて解消してくれるのが包茎手術です。包茎手術は日帰りが可能ですが、手術当日は安静にするように心がけましょう。

 

包茎手術を受ける際に気になるのが痛みですよね。手術の時は麻酔をするので痛みの心配はありません。麻酔は注射で行いますが、注射をする前にスプレーやテープなどで表面麻酔をします。それから麻酔注射をすれば痛みはだいぶ軽減されます。

 

あとは手術のときに看護婦さんに見られるのが恥ずかしいという意見もよく聞きます。しかしそういった心配はまったく必要ありません。なぜなら看護婦さんはこのような治療に毎日携わっているからです。とはいっても、やはり女性の目は気になるものかと思います。その場合は泌尿器科ではなく包茎専門のクリニックで受診すると良いでしょう。他にも自由診療となりますので、会社や家族に包茎手術を受けたことが知られずに済むなど、泌尿器科とは違うメリットが専門のクリニックにはあります。

 

日帰りの手術といっても体にメスを入れるということで不安も多いでしょうから、わからないことがあれば事前に医師や看護婦に訪ねましょう。