包茎の人は性器クラミジア感染症になりやすい

包茎の人は性器クラミジア感染症になりやすい

包茎の人はいつも亀頭が包皮に包まれているために刺激に弱く、傷がつきやすいと言われています。また、不潔な状態になりやすいため菌が繁殖しやすく細菌への感染リスクも高まります。そんな感染症の中に性器クラミジア感染症があります。透明な膿が尿道から出たり痛みがあることもありますが、基本的には自覚症状はないことが多いようです。

 

しかし、これを放置しておくと感染が進み、前立腺炎になったり、肝臓や腎臓にまで炎暑が起こることもあります。さらに、ほかの感染症やHIVへの感染率が飛躍的に上がってしまいます。ただ、性器クラミジア感染症は抗生物質や抗菌剤を飲んでいれば治せる病気です。きちんと医師の診察を受けて適切な処置を取りましょう。包茎の人は菌が入りやすいので包茎手術を受けた方がいいでしょう。また、性行為の際にはきちんとコンドームを着用するようにしましょう。ただ、ディープキスで性器クラミジア感染症に感染した例もありますので注意が必要です。

 

包茎という悩みは、抱えている方は非常に多いのですが、「恥ずかしいもの」というイメージが強いので、なかなか口に出して打ち明ける方はいませんよね。確かに、見た目で恥ずかしい思いをする可能性がありますが、実は別のリスクがあります。それは、「性病になりやすい」ということです。

 

包茎の場合、亀頭と包皮の間に恥垢が溜まりやすい状態となっています。そのため、亀頭と包皮の間をきれいに洗うようにに気をつけていなければ、恥垢がどんどん溜まっていき、性病の原因となる雑菌も繁殖してしまいます。実際に、恥垢が原因とされている性病もあるくらいですから、包茎であることが、性病の発症に拍車を掛けてしまう可能性があることがわかるかと思います。

 

ですが、包茎手術によって包茎を改善することで、恥垢が溜まりやすい状態も改善することができるので、恥垢によって引き起こされる性病も予防できるようになります。仮性包茎の場合は、自分で剥いてきれいにすることができますが、真性包茎やカントン包茎の場合は剥くことが難しいと思うので、ペニスを清潔に保つことができるようにするためにも、包茎手術を受けるようにしましょう。