包茎手術 性行為

包茎手術後に性行為をする時にはいつから可能?

 

パートナーがいるという方や、すでに結婚をしている方の中にも、包茎手術を検討される方もいらっしゃるかもしれませんが、手術後はいつから性行為が可能になるのか気になりますよね。クリニックによって、または受けた手術の種類にもよってもいつからというのが変わってきますが、多くの場合、包茎手術を受けた後は3週間から1か月の間は性行為が禁止されています。

 

通常の手術では、大体2週間後ぐらいに傷口の抜糸を行い、自然に溶けてなくなるタイプの糸でも3週間程度で体に吸収されますから、包茎手術後3週間後というのは傷口が塞がったばかりの状態です。医師からは3週間後で性行為はOKとの許可はもらっていても、せっかく塞がった傷がまた開いてしまっては傷の治りや見た目にも影響が出てしまう可能性がありますから、痛みがなくなるまでは性行為は控えた方が良いようです。

 

手術後はいつから性行為が可能かというのは、ご自身の傷の治り具合や痛みの有無などで変わってきますから、医師からOKをもらった期間はとりあえずの目安として、ご自身でも痛みを感じず、大丈夫と思えた時点で性行為を行うようにしましょう。

 

ちなみに、術後は亀頭が非常に敏感になっていますので、傷口の痛み同様に亀頭の痛みで性行為など出来る状態ではありません。ただ、これに関しても個人差はあれど2週間から1か月程度で慣れてしまい、亀頭が常に露出されている状態でも問題なく生活できるようになります。包茎手術後は1か月程度禁欲する必要があると予め覚悟しておくと特に問題は起きないでしょう。